車社会に必要な自動車と免許

中古車街を見渡せば多くの自動車が道路を走っており、まさしく車社会と言えるでしょう。おそらく多くの地域において、自動車は我々の生活に無くてはならないものです。それは企業が所有する業務用のものもありますが、ほとんどは個人が所有するマイカーになります。

中古車さて自動車は便利なものですが、その一方で走る凶器と呼ばれる程の危険なものでもあるのです。その為に日本を含めてほぼ全ての国では自動車を運転する為には運転免許が必要になります。その為に運転免許が取得可能な年齢になったら(あるいは少し前から)自動車学校に通って免許を取る人が多いのです。

自動車を購入する必要

中古車さてせっかく免許を取ったのならば、自動車が必要になります。もちろん無くても構いませんが、それでは免許証も単なる身分証明証になってしまい宝の持ち腐れと言えるでしょう。それに永らく運転をしないと技術が伴わないペーパードライバーになってしまい、大変危険です。

中古車また既に免許を取得している人も自動車が必要になるケースがあります。まず今まで乗っていた自動車が故障や劣化により廃車する事です。今まで自動車に乗っていた人が自動屋を使わない生活をする事は難しいでしょう。、その為に次の自動屋が必要になるのです。

また様々な環境の変化によって、今の自動車では難しくなる事もあります。分かりやすい例としては結婚して子供が生まれれば、家族向けの自動車が必要になるという事です。

タイプと中古車市場

自動車を購入する場合、まず新車か中古車の選択肢があります。誰もが最新モデルで真新しい新車を望む事と思いますが、価格の面から難しいとも言えます。一方、中古車のメリットは何よりその価格に安さにありますから、多くの人が中古車を選択する事になるでしょう。

中古車の価格の要素には車種と年式、また走行距離があります。年式とは車の年齢であり、走行距離はどれだけ自動車が使いこまれているかを表します。さて車種についてですが、車種そのものの人気や定価もありますが、その車種の根本である自動車のタイプにも影響すると言えるでしょう。ちなみにタイプの例を挙げると軽自動車、セダン、ミニバンなどです。

中古車は年式が古くなったり、走行距離が多くなるほど(新車価格よりも)値落ちしますが、タイプによって値落ちしやすいものと、値落ちしにくいものがあるのです。